ワークシートの表示と非表示を行う

VBAで、シートの表示と非表示はVisibleプロパティを使用して行う。
 
 
Worksheet.Visible プロパティ
 

  True      ワークシートを表示する
  False     ワークシートを表示をしない
 
ワークシート「Sheet1」を非表示にする場合

 
ワークシート「Sheet1」を表示する場合

 
 
 
ユーザの操作で、ワークシートを再表示させたくない場合は「xlVeryHidden」の定数を設定する。
 
ワークシート「Sheet1」を非表示にする場合

 
ワークシート「Sheet1」を表示する場合

 
 
 
VBAの定数についてはリンク先のリファレンスを参照して下さい。
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/jj692807.aspx
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です