Git で過去のコミットのコメントを修正する方法

Git を使用してバージョン管理を行っていますが、過去に行ったコミットを見ているとコメント内容が間違っていることが時々あります。
本来ならば間違いの無いように入力してコミットするべきですが・・・
 
今まではそのまま放置していましたが、後で見直して勘違いしてしまうコメントがあるので修正することにしました。
 
 
 
まずは修正したいコミットを確認する。

コマンドを実行すると、「commit 34e38b3・・・・・」と表示されるので、変更したいコメントの “commit” の後に表示されている番号を確認する。
 
 
 
git rebase の [ -i ] オプションを使用して、先ほど確認した修正したいコミット番号を [ -i ] オプションの後に入力する。

入力したコミット番号よりも新しいコミットの一覧が表示される。
表示された一覧から、変更したいコミットの [ pick ] を [ edit ] に変更して保存する。
 
 
 
git commit の [ –amend ] オプションを指定してコミットコメントを修正する。
コメントの修正方法は、以下の様にして変更する。

直接コメントを入力する場合

テキストエディタを起動して入力する場合

このコマンドを実行すると、テキストエディタが起動するので、コメントを修正して保存する。
 
 
 
git rebase の [ –continue ] オプションを使用して最新のコミットに戻す。

 
 
 
既にコミット内容をリモートリポジトリにプッシュしている場合は以下の様にプッシュする。( master ブランチの場合)

 
 
 
この作業を行うことで、コミットのコメントを修正できます。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です